茂原市S様邸 完成しました

和とシンプルモダンの融合したすてきなお宅が完成しました。

黒の外壁がとてもシックで、玄関の格子がおしゃれなアクセントになっています。格子の隙間が圧迫感を感じさせず、光を完全に遮断することなく、風通りも確保し、視界も適度に遮るすてきな空間です。

玄関を入ると、広いシューズクロークの脇には、大きな姿見。白い壁と木が調和し、何とも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。床は、すべてラバーウッド。室内の空気がおいしい。

玄関脇のおしゃれな縦横格子の扉を開けると、とても広~いLDK。ステンレスのキッチンが、すっごくおしゃれですね。パントリーも、手作りなんですよ。ラバーウッドは木目はとても穏やかで、肌触りも滑らか、非常にエコな木材です。

レンジは、IHとガス台の混合。とても便利ですね。すっきり、シャープです。

LDKの隣には、一面が薄いグリーンの落ち着いた壁の和室があります。寝転がってリラックスできるひとときもありですね。心が安らぎます。

洗面台も手作りです。木の温もりがいたるところに感じられて心が落ち着きますね。

トイレの壁もグレーと白のツートーン。手洗いもステンレスでR部分がなんともシャープでおしゃれです。

主寝室もグレーとホワイトの壁ですっきりと、コンセントを壁の凹みにデザインしました。 これもおしゃれですね。

2階は、子供部屋です。クローゼットも床も落ち着いた色で統一。洗面台の鏡がまあるくて、かわいい!!

新しいお家が、だんだんと家族と共に成長して、とてもいい味わいになっていきますね。もちろん家具やカーテンで、雰囲気もすごく変わります。

‟家”って家族にとってかけがえのないものですね。まず快適であり、そして暮らしを楽しみ、自分らしくいられる所。家族みんなの帰るべき場所なんですね。

自然の木の温もりが感じられ、ほっとできる、素敵なお家に完成しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちしています♡

アメリカに住む私の親友

私が保育園の時からの竹馬の友で、アメリカに住んで早や40年の友と、最近よく話します。メッセンジャーというスマホのアプリで、それがもう便利で便利で。およそ1万キロと離れている友と、すぐそばにいるように話せるなんて。なんてすごい世の中になったもんだとつくづく感じます。そして通話料が無料。

考えてみれば、40年前(年齢バレバレ)は電話でゆっくりなんて話せない。電話代が、何万円にもなってしまってヤバかった経験も。だから、もっぱら手紙の世界。まあそれもよかったのか。今ではとっても懐かしい思い出です。

ド田舎生まれの私が、彼女のおかげで、アメリカのド真ん中のカンザスに2回も行くことができたなんて・・。‟井の中の蛙、大海を知らず”状態の私にとっては感謝、感謝です。最初に行った27才の時は確か、1ドル240円位だったような。その時は、ビザも必要でした。

イヤ~私にとっては、カルチャーショック!!(笑)私の頭に国際感覚を与えてくれた友にほんとうに感謝です。

そして今、アメリカも、やはりコロナで大変です。ニューヨークはひどい状態ですよね。しかし、アメリカは広い。なんせ日本がカリフォルニア州にすっぽり入ってしまうんですから。彼女の住むカンザス州は、それほどでもないとのこと。私の住むいすみ市と同じくらいみたいです。

マスクをする習慣のないアメリカも、今はかなりマスクが浸透しているようですね。彼女は、自分でマスクを作ってました!!

最近は、ひんぱんに彼女と話しています(今はコロナのこともあり、特に友達とのコミュニケーションをたくさんとっています)そして電話してると、ほんとにすぐそばにいる感覚になってしまう。世界は狭いなあとつくづく感じます。正しく、イッツ・ア・スモールワールドですね。だからコロナもスゴイ勢いで広まったとも。

いやいやだからこそ、今は世界がひとつになってこの憎きコロナを乗り越えないといけないんですよね。私も、もう一度アメリカに行きたいし、我が親友も、いつでも日本に帰って来られるように願うばかり。どうぞ一刻も早くワクチンが出来ますように。そして平和な世界が戻ってきますように♡

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で、自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちしています。

さくらんぼが赤く熟しました!

我が家のさくらんぼが赤く色づき、熟しましたよ~。青い実を見つけてから、2週間足らずで収穫。早いです。しかしかわいい!🍒感動します。隣のおじさんに鳥に食べられないようにネットをかけてもらいました。大正解です!!

ほんとうにたくさん実りました。でもちょっと小さいかな~  まあ何も世話してないんで仕方ないですね。(笑)

友達やお隣さんにもおすそわけしました。私もお腹いっぱいたべました。すごくおいしかったですよ😋 満足です~

今朝、収穫してる時、一台の軽自動車が止まり、中から、おばさんがおりてきて、ずっと何が成ってるのかと気にしていたようで、ちょこっとさくらんぼをおすそ分けしたら、とても喜んでいました。うれしかったです。県道脇なんで目立ったようです。

やっぱり、実の成る木は、楽しみですね。来年のために、少し肥料をあげてみようかな。

今年は、我が家のさくらんぼを食べられてしあわせです♡小さなしあわせたくさん見つけようと思いました~

千葉県で、自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちしています♡

さくらんぼの木

我が家の畑の隅にあるサクランボの木に、青い実がたくさん成りました。いつだったか、私が父にねだって植えてもらってから、もう20数年たつかしら? 毎年、花がきれいに咲いていたことは、わかっていましたが、いつも鳥に先に食べられてしまっていました。(笑)

確か、5、6年前だったと思うんですけど、びっしり実をつけて、たくさん食べたことを思い出します。おいしかった~!!! 我が家のさくらんぼをあんまり食べた覚えがないのです。(笑)でも今年、青い実がたくさん成っているのを見つけました。

すご~い!!今年は、ぜったい鳥に先に食べられないようにしないと(笑)

赤く色づいて熟すのは、6月かな? 実はすごくかわいいですよね。そしてとってもおいしい。🍒サクランボ狩りに2回ほど山梨に行ったことがありますが、久しぶりに今年は我が家のサクランボが食べれるかな?

その頃には、どうぞコロナが終息していてほしい!!!!!

千葉県で、自然素材の家のことならぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちしています!!

新型コロナウィルスに思うこと。

今、世の中は、いつ終息するかわからない、新型コロナウィルスでの恐怖の真っただ中にいます。考えすぎると超々滅入ってしまいます。もちろん命が一番大事だってことは、誰もが思ってることですが、経済等々、あらゆることを巻き込み、揺るがしている憎きコロナ。かってこんなことあったでしょうか!!

非常事態宣言が出た今、まず自分のできることを、実行する。‟今はがまんの時” でも、みんなコロナ鬱になっていますよね。ほんとに世界中の人々みんなです。一日中テレビでは、コロナのことばかり。あまり頭の中がコロナでいっぱいになると、もっと鬱になる。見るニュース番組等も決め、時間も決めた方がいいですね。気持ちの弱い私は、考えすぎてすぐ滅入ってしまいます。高齢者や既往症のある人は重症化しやすいと聞くと、恐怖ばかり先行してしまう。でもあんまり考えすぎず、とにかく自分の出来ることをして、まずは絶対感染しないようにしなくちゃいけないんですね。

そして、みんながストレスでいっぱいになってる今、感情を吐き出し、みんなで困難を共有することが大切ですね。家族や友人と電話やメールで思いを伝え合うことが大切みたいです。私も、友人とは、電話、メール等でコミュニケーションをたくさんとっています。

NHK朝ドラ‟エール”を見ています。モデルは、作曲家の古関裕而さんの人生を描いたものですが、彼の作曲した、オリンピックマーチ、スポーツショーの行進曲等々マーチを聴いているとなぜか元気が出て勇気が湧きます。番組名が‟エール” なんだか深く感じるものがあります。

どんな時代にも人々は、共に力を合わせて困難を乗り越えてきました。この困難は、いつかは終わる。ずっと続くわけではないと、私も自分に言い聞かせ、まずは、自分にできることをする。それしかない。とにかく、一刻も早い終息を祈るばかりです。

蕗(フキ)採りをしました。

先日、我が家の裏庭のフキを友達とふたりで採りました。しばし、楽しい時間を過ごすことができました。フキのなんとも言えないこの香り、私は好きです。これも春の香り、匂いかな?

そういえば、思い出したのですが、小学校の時、各自が家でフキを採って学校に持って行き、それを売って、図書館の本を買いました。んーん、実に懐かしい!! これも田舎の学校でしかできないこと(笑)、ほんとうにいい思い出です。

フキっていろんな煮方によって味にとってもバリエーションがあるんですよね。さてまずは、どんな味に煮ましょうか?

フキは古くから薬としても活躍していたようですよ。食物繊維やミネラルが豊富とのこと。

旬のものいただきます~😋

大網白里市 I様邸完成しました。

モノトーンを基調とした、スタイリッシュなお家が完成しました。広々LDKとバルコニー、日当たりたっぷりの住空間がとても快適なお宅です。

玄関を入るとすっきりしたシューズクロークの下にはやさしい照明が!

広~いLDK。棚も床も白で統一。すごく清潔感が溢れます。そこに黒のアクセントを加えました。LDKの壁の中には、すてきな間接照明が。おしゃれ~です☆

バス、トイレも白が基調。バスの壁面は、ぐっとおちついた色でとてもシャープです。メリハリがありますね。

そしてLDKから2階に上がる途中のスキップフロア。机にもなり、キッチンのお母さんとお話ししながら勉強もできますね!!アイディア次第で楽しさが広がりますね。とても多目的な空間です。

階段は、踏み台部分が黒。2階の寝室も白が基調で、黒の棚がアクセントになっています。

バルコニーも広く、楽しいアイディアがたくさん湧いてきますね。

お家はこれからどんどん家族色に染まっていきます。モノトーンを基調としているので、いろんなバリエーションが楽しめますね。

ほんとうに楽しみです♪♪

千葉で、自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちしています!!

モクレン(木蓮)満開です。

我が家の庭にもモクレンが咲きました。花が少なく少し寂しいですが、やはり春を感じます。お隣りのハクモクレンは木も高く、いつも見事に咲き、感動してしまいます。

通常は、木蓮と言うと、紫色のシモクレンを指すことのようですが、最近は白色のハクモクレンの方を見ることが多いように思います。ハクモクレンは、高さが20メートルにもなるようですよ。(シモクレンは5メートルくらいみたい)白、紫の他にピンク、赤、黄色もあるみたいです。

実はこのモクレン、恐竜が生きていた1億年前から存在していたとのこと。地球上最古の花木だとか。ん~ん、なんか感動です!!(*_*)

木のそばにいくとほのかに良いにおいがするみたい。春を感じる花で、大好きです。

追伸  花の先端が、北を指していることから、古くから登山家や旅人からなどにも‟コンパスプランツ”として方向を認識していたとされているようです。ちょっとオドロキです。

春の匂いです!!

我が家の裏庭にふきのとうがでました。まだかな?と毎日のように見ていたのに、ちょっと見ていなかった間に、出ました、ありました~~ それからどんどん出てきて、2月24日に初収穫してから、何回収穫したかな? そして久しぶりに、天ぷらを揚げました。すごくおいしかった~ ほんとに春の香りです。

今日も、また収穫。どんどん出て大きくなります。花が咲いてしまいました。花が咲いたら食べられない? いいえ。花が咲いても茎が食べれるんですって。知りませんでした。ふきのとうは、ふきの花のつぼみなので、咲いた後は、ふきになるわけです。

ふきのとうは、山菜の中でも一番時期が早いそうです。なるほど。私も、はっと気づくと、花ばかり~なんて、今までもよくありました。

我が家のふきのとうを使って、友達が‟ふきみそ”を作ってくれました。これがまたおいしいのです\(^_^)/

今年も春の香りを存分に味わいました。もうじき、我が家の裏庭は、ふきでいっぱいになります。ふきのとうが苦手な友達もふきは大好きのようで、毎年、我が家のふきを、みんな喜んで収穫してくれます。

むかしから、初物を食べると寿命が75日延びると言われますね。食べ物に不自由しないで、一年中食べられることが当たり前になった昨今、でも店頭で  ‟初物” ‟今が旬”の説明を見ることがありますよね。やはり季節を感じるものは、とってもいいですね。

これからタケノコの季節です。

コハクチョウと河津桜

毎年、私の住むいすみ市布施には、もう15年ほど前からコハクチョウが訪れています。今年も1月に40羽ほど確認し、2月に入ってからは、見えなくなり、すごくがっかりしましたが・・・

いました~~~\(^_^)/ 2月21日に、80羽ほど確認できた時は、なんだかもうむちゃくちゃうれしくなり、思わず、カメラにおさめました。もうシベリアに帰ってしまったのかと思っていたもので。みんな仲良く一生懸命エサをついばんでる姿、なんともかわいい!! 気持ちはすごくほっこり、そしてにっこりです。

それから、すぐ近く(車でほんの1、2分)には、河津桜が山一面に広がっている、とってもきれいなスポットがあるんです。毎年‘‘千本桜まつり´’が開催され、静かなとっても静かな(笑)里山も、少しだけ、観光客がくるようになりました。今年で4回目です。コハクチョウを見た後、訪れた時は、満開でした。今年はいつもより開花が早かったようです。

今年の花だよりは、どこも例年より早く届いてますよね。この布施の里山も早くにピンク色に染まりました。ピンク色は、気持ちをふわっと、そしてわくわくさせてくれます。

我が家から車で5分くらいのところに、ほのぼのとさせてくれるところがある。もう私にとっては、一年の風物詩となりました。