木のすばらしさ再発見

ある本に、奈良の法隆寺について書かれた文章を見つけました。世界最古の木造建築で遠く飛鳥時代に建てられた建物が、1400年の長い時を経て、今もなお残っている。もちろん世界文化遺産ですが、その文章のタイトルは、『まだ飛鳥時代に追いつけない』とありました。いまさらながらに、私も再認識。日本の神社仏閣は、日本古来の木造建築のすばらしさが、溢れていると思います。

なぜこれほどまでに、長寿なのか?地震大国である日本なのに・・。当時の大工さんの技術を含め、日本の建築技術はすばらしかったんですね。驚嘆してしまいます。そして木材の中でも最高レベルの耐久性と保存性を誇る桧(ヒノキ)が使われているとのこと。法隆寺の伽藍のヒノキの樹齢は1000年から1300年クラスを伐採して造られているそうです。

そしてまた、50年の年月を経て、新国立競技場が新しく建てられました。かの有名な隈研吾氏が設計しましたが、隈氏は、『日本のアイデンティティ』にこだわり、日本らしい『木でできた和のテイスト』を起用したとおっしゃっていました。とてもすばらしい建物ですね。

隈氏は、日本の木造技術やデザインは世界でも飛びぬけたものだと語っています。日本だけでなく世界中で木を使ったデザインがトレンドになっているとのこと。も~ほんとにすごいですね。

日本はかつて『木と紙の文化』と言われていたことがありました。私たちに一番身近で、親しみやすい暮らしが、木に囲まれた生活なのかもしれませんね。私の家の近所に東京の方が、30年ほど前に木造の家を建てました。その方は、東京にも家があり、東京の家は、鉄筋コンクリート造、住み心地が全然違うと、木造の家を大変気に入っていました。

もちろん法隆寺と構造はちがうものの、近所でよく見かける家や社寺でも木造の伝統工芸のものはたくさん存在します。確かに、我が家も45年程前に建てた木造の家なのですが、自分で言うのもなんですが(笑)なかなか立派な木を使っています。我が家の山の木をたくさん使ったようです。私の父が『木こり』だったということもありました。 当時私は、木こりという父の職業が嫌いだったのに、今では、ちょっと尊敬もしています。(笑)

少し横道にそれますが、晩年父は、神輿の守棒を作っており、それがまた自慢でした。(守棒とは神輿を担ぐ棒です)関東随一といわれる『大原のはだか祭り』には、父が挽いた守棒を見にいっしょに出かけて、自慢話を聞かされました。最後まで木に携わった人生だったかなと思います。

これからは、もう少し、木造の我が家を大事に、磨きをかけなくてはいけないなという気持ちになりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

桜満開

今、日本列島は、桜の便りが続々届いています。我が社のある茂原市、私の住むいすみ市は、東京より二歩くらい遅れて満開になったようです。八割以上の花が咲くと‟満開”というそうなのですね。千葉県の方が暖かいから、早く開花するかと思いきや、そうではないんですね。桜の開花は、だだ暖かいだけではだめで、冬の寒さも必要で、開花にいたるまでちょっと複雑なメカニズムがあるようです。

我が家は、山の中にあるので、いたるところに、今、山桜が満開です。(もう散り始めかな?)ソメイヨシノより早く咲いているんです。紅みがかかった葉といっしょに咲く山桜も、風情があって私は大好きです。山桜は、和歌にも詠われ、日本古来から伝わる野生種なんですね。むかしは、花見と言えば、山桜だったとか。

ソメイヨシノは、新しい品種で、江戸時代中期から誕生したようです。今では、桜と言えばソメイヨシノと言われるほどですね。ほとんどが接ぎ木でクローン。しかし桜と言われる種類は、300種ほどあるようで、いやもっとかも・・・。びっくりです。

私は、もうかれこれ20年以上前に、どうしても長野の高遠のコヒガンザクラがみたくて、友達と観光バスで行ったことが思い出されます。たしか、桜の前に‟あんずの里”にも寄りました。残念ながらあんずのお花は盛りを過ぎていましたが、里山の雰囲気はとてもよかったことを覚えています。

コロナで昨年から花見が制限され、桜の大好きな日本人には、とてもつらいですね~。桜を訪ねる観光バスツアーは、以前から人気ですが、私も幾度となく参加しました。

我が社のある茂原市の茂原公園は、日本さくら名所100選になっていますが、その公園は、かなり混雑しているようです。私は来年に期待したいと思います。(笑)

今朝、出勤途中の、やはり昔からちょっと有名な桜のスッポットで撮影してみました。8時過ぎ、にわかカメラマンがたくさんいました。桜の木の下に黄色い菜の花が咲いて、そのそばを、最近、ちょっと有名な『いすみ鉄道』が走ります。みんなよく知っていて、汽車が通る時間は、『鉄ちゃん』と呼ばれる人がカッコイイカメラを構えているのをよく見かけます。

春は、続々と花が咲きますね。桜だけでなく、色とりどりのいろんな花が次々と咲きだします。コロナ禍である今、ほんとうに癒されます。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

千葉県で自然素材のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

   絵本は深い

 断捨離ブームになってから久しいですが、私もぼちぼちやっています。先日、本棚の整理をしていて、文庫本は、大分処分したのですが、数冊ある絵本だけは、捨てられませんでした。まだ若い頃(笑)そう20代の頃、友達がプレゼントしてくれた絵本を久しぶりに手に取り、読んでみました。

 も~~~感動が甦りました。そしてまた泣いてしまいました。かれこれ40年以上も前に読んだ時も衝撃でしたが、今また、ちょっと違った感動が走りました。1977年に出版され、ずっと愛されてきたんですね。子供より大人におすすめの絵本のようです。

 あらすじは、100万回生きて、100万回死んだオス猫。いつも誰かの猫だったのが、最後に野良猫に生まれ変わり、メス猫を好きになり、子供を持ち、本当の愛を知った猫は、年を重ね、やがて静かに動かなくなってしまったメス猫のそばで初めて涙を流し、やがて自分もメス猫のそばで動かなくなり、もう二度と生き返らなかった。精一杯生きることの大切さはもちろんのこと、それだけでなくいろんなことを教えてくれました。ミュージカルにもなりましたね。人生の節目で何回も読みたいと思える本だと思います。

 そして6,7年前になるでしょうか?銀行で待っていた時に、そこで読んだ『だいじょうぶ だいじょうぶ』という絵本。これも読んだあと、とてもほのぼのしました。待っていたほんの10分足らずの間に感動をもらいました。

 おじいちゃんと小さなボクがお散歩をしていると、世の中にはおそろしいことや不安がいっぱいあることを知るけど、でも『だいじょうぶ、だいじょうぶ』という魔法のことばで、助けてくれたおじいちゃん。生きていくための強さ、しなやかさを育ててもらうんですね。心に沁みました。

 私自身も弱気になった時、『だいじょうぶ、だいじょうぶ』という言葉にとても助けられます。やっぱり魔法の言葉なんですね。

 何かの本で紹介されていた『鳥の島』。これは、私自身で買いました。ラストがすごく衝撃でとても感動したのを覚えています。この絵本は、文字は手彫り、絵は、紙粘土で作られているそうです。これもとても魅力的ですごいのです。

大空、海の向こうにあこがれて、毎年群れを離れて飛び立つ鳥。でも力尽きて海に沈んでしまう。でも自分の勇気に後悔のない鳥たち。ラストの展開は圧巻でした。無数のチャレンジがあって成功がある。いろいろ深く考えさせられました。

 絵本って、ほんの数ページで、感動することができる。むかし読んだ、絵本のあらすじをちょっと忘れてしまった時、ネットで検索して、内容を再度確認。そ~だった!! と、また新たに感動が甦ります。

 『泣いた赤鬼』 あのお話は、とことん友情というものを考えさせてくれました。昔読んだ絵本をどんどん思い出し、人生を振り返る意味でもジーンとせつなくなり、しばし感動にくれました。

   絵本は深いです。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

千葉県で自然素材のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

巨大ヒメハルゼミ電話ボックス

先日ラインで、友人から奇妙?な写真が送られてきました。私の最初の感想は‟何だこれ?” その写真は、巨大なセミのオブジェが電話ボックスにへばりついていました。ホラー気味の写真に、ちょっと驚きましたが、その写真にあった電話ボックスの中の説明書に納得。

そういえば、茂原市は、ひめはるの里という市民の憩いの場所みたいなところがあった、ヒメハルゼミというセミの存在も聞いたことがあったなとそんな程度の認識でした。

ヒメハルゼミを紐解いてみると、国の天然記念物で茂原市、その周辺に生息してるという貴重なセミだったのです。明治35、6年に、この地で初めて発見、採取され、学名『chibensis』(千葉に棲むという意味だそうです)。茂原市は、ヒメハルゼミが生息する北限とのことでした。

この電話ボックスにセミのオブジェがへばり付いた(笑)のは、平成4年。もう30年近くも経っているんだ。私は、ずっと茂原に働いて、ん十年も経っているのにちっとも知らなかった!!

 先日、現場にいってみました。今は閉鎖されたNTTビルのすぐそば。もちろん見物人は私一人でしたが、ステンレス製で実物の70倍。(実際は25~30㎜と小さい)。電話ボックスとほぼ同じ大きさにびっくりです。ヒメハルゼミのことを広く周知しようと作られたそうですが、あまり知られていなかったようですね。

 友人によると、最近、ツイッターで話題になったとか?しかし、近辺にも、ちょっとどきどき、ちょっとわくわくがころがってることを再認識しました。ボックスの中から、セミのお腹をみるのも不気味。

しかし、これを夜見たらもっとこわいだろうな~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

茂原市にオシャレなガレージハウスが完成

大家さんこだわりのすてきなアパート ‟ガレージハウス”が完成しました。シャープな外観がおしゃれですよね。

弊社は、一般住宅はもとより、集合住宅の建築もたくさん手掛けております。

広い車庫スペースは、車庫使用だけでなく、多様な使い方ができ、大変便利です。

車庫手前左側の玄関ドアから入り、モダンな玄関スペース、階段を上ると、右側に広~いリビングがあります。大家さんこだわりの照明、そして収納も充実。ロフトの広さにも驚きます。

キッチンの上には、ハーブのオシャレなタイルが貼られています。

すっきりデザインのトイレの空間も広々としています。家電が揃っていますので、すぐに暮らせますね。大変便利です。

 昨今、いろいろな集合住宅が建てられていますが、弊社は、大家さん目線での個性的な建物をご提案させていただいております。

将来的にもアパート経営にご興味のある方は、どうぞ弊社にお気軽にご相談ください。お待ちいたしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

春の匂いがしてきました。

我が家の庭にふきのとうを見つけました。いつかいつかと待ちわびていましたので、とうとうという気持ちです。すごくうれしかった。今のコロナ禍では、よりそのような気持ちになるんだなあと思います。

 それでなくても、春ってやっぱり何だかわくわくしませんか?‟三寒四温” まだまだ寒い日が続くと思いますが、立春も過ぎ、あとは、暖かくなるのを待つのみっていうような気持ちかな?

 我が家の庭にある梅の花も7分咲き位でしょうか?とても青空に映えてると思いませんか? きのう、となり町で見た、川沿いに咲いていた河津桜もピンクがすごく可愛くて、なんかほっこりの気持ちになります。散歩しながら写真を撮ってる人をちらほら見かけます。

 普段なら、あんまり気づかないことでも、コロナ禍の今は、いつもより身近に目を向けている自分に気がつきます。きっと物事を少し深く感じるようになったのかな? とてもいいことだと思います(笑)

 春の南房総は、お花畑で有名です。きんせんか、ストック、すいせん、スターチス、キンギョソウ・・・もうお花で埋もれてます。そう、まさしく花のじゅうたんですね。一月の寒い頃からたくさん咲いています。これまでも、私の県外からの友達を何回も案内し、すごく喜ばれました。もちろん今頃はまっ盛りでしょう。

コロナ禍の今、なかなか、見に行くことも懸念されてしまう。つらいですね。何事にも縛られずにできたことが、どんなにありがたかったことか。春といっしょに穏やかな日々がやってくることを、心から祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で、自然素材の家のことならぜひ、サラサホーム茂原までご連絡くだい。お待ちいたしております。

‟アマビエ″に、コロナ終息を祈願

このコロナ禍で、話題になったものの中に‟アマビエ”がありますね。そう!江戸時代、今の熊本県の海に現れた半人半魚の疫病を祓うとされるちょっと奇妙な妖怪のお話です。やはり人々は、何かにすがりたいと言うのが正直な気持ちですね。

この「アマビエ」モチーフの商品が続々登場しました。そういえば日航機のお腹にも描かれていました。どれもこれも、みんなコロナ終息を願ってのことですね。

先日、当社近くにあるアマビエの像を見てきました。もうだいぶ前、昨年の5月ごろから置かれていたようですが、けっこう話題になっていました。

その茂原市にある‟アマビエ”は、チエンソーカービング同好会の人達が彫って寄贈した、木彫りのアマビエです。使った木は、おととし千葉県を襲った台風で倒れた杉の木だそうです。茂原市の数か所に置かれています。信号で停まった時に、すぐそばにあったアマビエ像を発見!! あった~~!!  見つけた私は、さっそく近くの駐車場に車をとめて見に行きました。

私の前には、犬を連れたご夫婦が記念写真を撮っていました。妖怪だけど、どこかかわいい(・∀・)  すごい!これってチェンソーで彫ったんだ。カナダ、アメリカ発祥のチェンソーカービングに、興味はあるものの、やはり力のある男性にしかできないですよね。危ないイメージがあるし・・・でもネットで検索したら女性でもやってる人がいるみたい。ビックリ(◎_◎;)(*_*)  ダイナミックで繊細。今度、彫っているところをぜひ見に行きたいと思います。

昨年末のNHKのニュースで、自然発生的に像の前にさい銭がおかれ、それを、近くの病院に寄付されたとのことでした。10万円以上になったようです。やはり、今の人類の最大の願いは、‟コロナよ去ってくれ” この一言ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

コハクチョウが今年も飛来しました!!

毎年冬になると、シベリアから、いすみ市の私の家の近くにやってくるコハクチョウ。もう15、6年になるようです。そして今年もいました~~~ 近くを通った時、遠くに白い姿が点々と見えた時は、すごくうれしく、感動しました。

田んぼの中、100羽くらいいたでしょうか?一生懸命えさを食べています。やはり私のように、路肩に車を停めて4,5人見に来ていました。私と違うところは、皆、望遠レンズのカメラで写しています。女性も・・・。あれ~みんなすごいな~!私だけデジカメ?(笑)

なぜか今年は特にうれしい。このコロナ禍でみんなほっとできることを探して、少しでもほっこりしたいんだなあと思いました。暗いニュースの中で人々は、どこかに気持ちの安らぎを求めているんですね。

コハクチョウ、毎年楽しみにしているんですが、今年は特にうれしいです!! クックックックーーと鳴き声もかわいいんです。

ちなみに、きのうBS日テレ「ふるさと探訪」という番組で、いすみ市の紹介をしていましたが、その中でコハクチョウが出てきたんです。すごくうれしかった~~👍

コハクチョウは、もういすみ市の冬の風物詩です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材の家のことなら、ぜひ、サラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

2021年新しい年が始まりました。

 昨年は、新型コロナウィルスに翻弄された年であったように思います。東京オリンピックが延期になり、スポーツ観戦、イベン等が中止・縮小されたり・・・もうすべての人々にとってほんとうに苦難の年でした。

 最初に緊急事態宣言が出た時は、かつてないことに、すごく戸惑い、そして恐怖でした。いまだにコロナの収束が見えず、新年が始まり、そして再度緊急事態宣言が発出されました。

 とにかく今は、皆それぞれが、自分にできることを精一杯やることなんですね。当たり前のことが当たり前にできなくなる。今までは考えられなかったことです。ほんとうに、いろんなことを深く考えさせられた年であったように思います。

 しかし今、社会や会社が大きく意識を変えようとしていると思います。コロナの経験から学び、今後に生かしていかなければならないのですね。

 どうぞ一日も早く穏やかな日々が戻り、明るい年になりますように、心から祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。

ITの進化に溜め息

昨今の、急激なITの進化に、私はついて行けず、大変苦労しています(笑)時代の波が急ピッチにおしよせて来たような気がするのですが。

ところで、以前ITって何の略だか知ってる?って聞かれた時に、答えられなかった私です。‟インフォメーション  テクノロジー”の略で、日本語で情報技術のことなんですね。なんとなくスルーしてしまっていました。スマホにしてまだ2年。今後にすごく溜め息です🤣。

ラインもやっとやっている状態(´;ω;`)ウゥゥ  覚えると楽しいんですけど😊

思い出すに、私が最初に就職した頃は、そろばんと電卓が少し普及し始めた時代でした(笑)そしてFAXの便利さにギョッとしたものです。あれから45年。世の中は、驚くべき進化をしたと思うのです。25歳の時、会社でコンピュータ導入の時は、すごく四苦八苦。いばらの道でした。しかしその圧倒的な便利さに大変驚きました。

そして今、高齢者もスマホやパソコンを持つ時代になり、わからないこともインターネットですぐ検索でき、百科事典もいらなくなった時代になりました。しかし、やっぱり私は、なかなかついて行けません。このコロナ禍で、よりⅠTは進んだと思うのですが。しばらく行ってないファミレスも注文がタブレットになったとか! 牛丼のテイクアウトがめんどうだとか!🤥

で私、ちょこっとIT先進国中国の高齢者はどうしてるんだろう?と思い検索してみました。

IT先進国・中国のコロナ禍で「高齢者置き去り」の悲痛、切符も買えない!  時代が見捨てる? 中国の高齢者

やっぱりありました~~。「IT先進国」である中国では、置き去りにされている高齢者が1.8億人もいるという。

ほんとかな~??確かに、どんなに小さな店でもスマホで決済なんですもんね。キャッシュレス時代、日本ももう来てますね。

日本は高齢者のスマホの普及は低いといわれてます。もう高齢者だからパソコンは苦手、というのは通用しないのでしょうか?

とにかくもう少し勉強せねば・・・と私自身も思いつつ、なかなか頭が追い付けないのです。世の中の進化が速すぎる~~!!

そしてやっぱり私は、溜め息をついてしまいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

千葉県で自然素材の家のことなら、ぜひサラサホーム茂原までご連絡ください。お待ちいたしております。